Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

ペット情報誌「ドクターズアドバイス ペピイ」
PROFILE
[猫アレルギーのペット肖像画家]

  • ・ペットの肖像画などがあります。


  • ・私の犬猫グッズがあります。


  • ・猫動画等があります。

  • 一枚の猫写真
    ・猫写真ブログです。(毎週更新)

[うちの猫達です♪ ]
  • アーシャル(黒猫/5歳/♀)
  • シオン(シャムMix/5歳/♂)
  • ラン(白黒ブチ/7歳位/♀)
  • リー(黒猫/5歳位/♂)
  • トム(キジ白/4歳/♂)
  • (2009年4月現在)
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    RECENT COMMENTS
    ARCHIVES


    【トラックバックの注意事項】
    トラックバックを送って下さる方は『該当記事へのリンク』をして下さい。※リンクのないトラックバックは受信されません。(スパム対策の為)
    記事を偽って送られる方が多いので、お手数ですが宜しくお願い致します。
    LINKS
    OTHERS
    おすすめ♪
    【使用しているカメラ】
    2008年の3月から、キヤノンのEOS Kiss X2で猫達を撮っています♪

    【使用しているレンズ】
    ■キヤノン EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS
    ■キヤノン EF50mmF1.8 II
    ■シグマ MACRO 50mm F2.8 EX DG
     
    『ペット肖像画家Ko-jiのペットブログ』
    5匹の猫達との生活の中から、猫の気持ちを写真で伝えます。
    他にペットの肖像画、犬や野鳥なども登場します。別館には猫動画もUP♪
    << 世界初!全自動ネコ型食器洗い機♪ | main | ◆◆◆『画像認証機能』導入のお知らせ◆◆◆ >>
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    猫の第六感。

    いつも↑こんな風にくつろいでいるラン。

    最近ランは肝臓の調子が悪くて、動物病院通いをしていました。
    ランは動物病院に行くのが分かるのか、私が起きると何処かへ隠れてしまいます。(探すのが大変です!)

    動物病院に続けて行った時に隠れるのは分かるのですが、症状が良くなって
    週1回行く事になった時でも、その日だけ何処かに隠れてしまいます。
    いつも椅子などの目が届く所で寝ているのに、動物病院に行く日は
    押し入れやベットの下など、私が捕まえづらい所に隠れてしまいます。。。

    私の行動の、ちょっとした違いを見分けているのかな?
    (でも私が寝坊した時も、朝から隠れていたようです!)

    これが、野生の勘ってやつなんですかね〜?


    今日は安心して、シオンと日向ぼっこ♪



    シオンも何かを感じているようです、、、

    アーシャルに狙わているシオン。(シオン危ない!)


    あと、アーシャルには「何か」が見えるみたいです。。。

    この前、午前二時半頃(うしみつどき、、、です。)
    私の隣の椅子で寝ていたアーシャルが突然起きて、

    こんな感じ↑に、目を丸く+シッポを太くして廊下側を凝視しました!

    そして「ナニカ」を目で追いながら、廊下の方へ姿勢を低くして向かって行きました。(恐いです!)

    気味が悪かったので廊下を見渡したのですが、誰もいませんでした、、、
    まだアーシャルは興奮していたので、抱っこして廊下を又見に行こうとしたら、廊下側を見て凄く怖がっていました!(何がいるんだ、、、コワッ!)

    でも悪寒を感じなかったので(鈍いのか?)悪い霊とかではなさそうです。
    夜だったので余計に恐かったです!(ホラーを見ていなくて良かったー。)
    ねぇアーシャル、何が見えたの?

    猫には、人間に感じない「ナニカ」を感じる力があるようです。。。



    あれっ、



    いま音がしませんでした?










    後ろに気配を感じませんか、、、











    ぎゃーーーーーー!

    て、あくびをするシオンです♪


    皆さん、後ろを振り返ってみませんか?(しつこい?)

    | 愛猫と暮す | 02:28 | comments(7) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    | - | 02:28 | - | - |
    Ko-jiさーん、コワイです〜(T_T)

    でもでも私にとってはとてもタイムリーな話題です。
    日記を見ていただけるとわかりますが、ほたるがこの2日間、まさにアーシャルちゃん状態でした。今もちょっと…です。
    今までいちばん長い時間を過ごした部屋の隅に、何か感じるらしく、その部屋では緊張しています。人間にはわからない気配にぴゃっと30cmほども真上に飛び上がって驚いたり、逃げたり、姿勢を低くして探ったりします。
    だいぶ良くなりましたけど…

    猫の第6感はすごいですね。
    | ほたるママ | 2006/04/02 7:58 AM |
    ランちゃん肝臓疾患ですか!?
    大変ですね.  人のウルソ酸という薬(人も、二日酔いにはバッチリ効くんです)は効きますけど.....苦いんですよね。
    イッチーにも最後の頃には飲ませたりしてましたが.....苦いのでたまに吐かれていました.
    あ!今日は病院の日だ!ってわかるのかな!?隠れるランちゃん...感が鋭い。

    アーシャルちゃん....何が見えたの!?
    Ko-jiさんのコメントが、怪奇的で....またまた恐ろしい〜〜

    ほたるママさんのとこも、30cm飛び上がる程のびっくりぶりって.....うちは、わざと飛び上がらせていましたけどね......
    「なんだ!母ちゃん  びっくりするじゃないかあ〜〜」って抗議の目でイッチーから見られていましたけど.......

    最後に.....
    シオンちゃんの.......あくびが一番怖いかな!?
    | ガンちゃん | 2006/04/02 3:24 PM |
    >ほたるママさんへ
    日記を読みました。脅かす訳ではありませんが、何かいるんですかね?以前、部屋の模様替えで机を動かした時、
    トトロに出て来た「まっくろくろすけ」のような黒い物体がザワザワザワッー!
    って、出て行ったのを見た事があります、、、その時、母も一緒に見たので「ナニカ」がいたようです。。。

    あと、ほたる君の不安定な状態が続いて、食欲も無いようでしたら
    病気の可能性があるので、動物病院で診察してもらって下さいね!
    日記の「ブチャイクな寝顔」の写真みたいな寝方をしていれば、たぶん大丈夫だと思いますよ♪


    >ガンちゃんさんへ
    ご心配、ありがとうございます!
    ランは肝臓の数値がちょっと高かったので、その治療をして貰っていました。今日、血液検査をしたら数値が正常範囲に戻ったので安心です♪(また食欲が落ちたら、注射をしたりしないとダメみたいですけどね。)

    アーシャルは何を見たんですかね?私も恐いですよ!
    イッチー君は災難でしたね。でも興奮した時のシッポとか可愛いですよね!

    あと、猫のあくびの顔は恐いです!
    | Ko-ji | 2006/04/03 12:27 AM |
    アハハハ・・笑っちゃいました!
    そうです、そうです!
    猫って時々何も無いのに、さも何かが空中をさまよっているのかと思わせるように、視線を泳がせる事がありますよね。
    猫と二人だけの深夜だとかなり怖いです。(笑)

    アーシャルちゃん、夢でも見ていたんでしょうね。
    ランちゃん、肝臓は正常値に戻ったようですね。このまま発症しないと良いですね。
    | ミケトラ | 2006/04/06 1:09 PM |
    >ミケトラさんへ
    ありがとうございます♪
    やっぱり猫は、何も無い所を見たりしますよね!
    ただ今回のアーシャルは、しばらくたっても何かに怯えたように廊下を見ていたので、夢とかではないみたいですよ。

    あとランは、このまま元気になって欲しいです♪
    | Ko-ji | 2006/04/06 11:30 PM |
    ko-jiさん、おはようぅぅぅ〜(^O^)/♪Siteの絵、全て拝見しました。トップのキャバちゃんかばいい♪また、優しいお人柄が出ている絵達でしたo^^o絵は見るのも描くのも大好き♪最初にここに書き込みした時は気づきませんでした〜。

    「何か」を見る猫は白猫が多いと言いますよ^^
    ちなみに、私の友の猫が天井を見上げるので、友が上を見たとき、そこには〇が居たそうです(友には見えるらすぃ〜)。
    また、亡くなった猫が摺りガラスの向こうを歩いた話、そして、我々は多頭飼いですが、猫達がいっせいに突然唸った話などなど聞きます。また、そればかりでなくとも、室内飼いの猫は、ちょっと精神病になっている場合とか、目と脳は直結しているので、斜視やロンパリなどを持っている子はちょっとした脳の関係かもしれません。感染症などでも脳に症状が出る場合も。。様々ありますが、私達に出来ることは限られています。

    うちの猫を飼う人向けに紹介している詩の一節に
    「私を単純な生きものだと思わないで下さい。というのも、私はあなたが会うことができない、天使達に会うことができます。私は、あなたが感じることができない宇宙の震え、および驚きを感じ、あなたに伝えることができます。もし、あなたが私を知ろうとするなら、私は、あなたの言葉を理解するでしょう。」と言う言葉が有ります。もし、猫達が天使達を見ていたなら、それはちょっと素敵な事だと思いませんか?

    飼い主はどうにか長生きして欲しいと思い、いろいろ手を尽くしますが、それは、自分が後悔しない為の自己満足に過ぎないのではないかと思うこともあります。病気やし症状によっては、苦しめる期間が長くなるだけになるので、命をひっぱる事が大変気の毒な気もします。もし、本当に重篤な状態になったとき、それは来院よりも往診のが絶対お勧めです。

    コメント、長かったっすね^^;注意しますぅ〜。
    | ハマ | 2006/04/24 7:38 AM |
    >ハマさんへ
    こんばんは!
    私のペットの肖像画も見て頂き、ありがとうございます♪
    ハマさんも絵を描かれるんですね。

    真っ白の猫は、目などに異常がある子が多いみたいですよね。青い目のシャム系の猫もでしたっけ?シオンも斜視なので、脳の方に異常がないか心配です。(いつも影など、変な所を見てじゃれるので。。。)

    動物の看護は、何が良いのか分かりませんよね。(言葉が通じれば良いのに。)
    私は腎不全で危篤状態の愛猫に、点滴をうって貰っていたのですが「本当に、この子の為なんだろうか?自分のエゴじゃないのか?」と、今でも思ったりします。。。あの子が、私と幸せに過せたと思っていてくれると嬉しいです。

    あと天使達の詩、素敵ですね!すごく共感しました♪
    ちょっと科学的ですが、「ニュートリノ」ってあるじゃないですか?人間はそれを観測する為に、巨大な施設と莫大なお金や時間を使って、しかもコンピューター上でしかその存在を確認する事が出来ないんですよね。でも動物達の中には、そう言う素粒子や人間には感じない「何か」を感じる力があると思います。(大地震の前に、動物達が安全な場所へ避難するみたいですしね。)

    動物には人間に無い、特殊な力があるんですよね。ただ、「その存在」を人間が気付かないだけで、、、動物達はいろいろ感じているんですよね!(イルカは超音波で会話をするみたいだし、植物にも感情があるみたいですよね。)
    私も、もっと動植物達などの気持ちを感じ取れるような人になりたいです♪
    | Ko-ji | 2006/04/25 1:40 AM |









    トラックバック機能は終了しました。